廃墟探検/風景/B級観光の記録写真集

2007年04月

« 2007年03月 | メイン | 2007年05月 »

2007年04月 アーカイブ

愛媛県廃墟朝日楼

落ち着くスペースである。住みたくなる。

愛媛県廃墟朝日楼

再び一階土間。古い冷蔵庫のようだ。

愛媛県廃墟朝日楼

その扉は重厚で、とても重そう。

愛媛県廃墟朝日楼

古びた下駄が放置されていた。何だか物悲しい。

勿体無いことであるが、。この廃墟は解体されたようだ。現在どうなっているのかはよくわからない。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

愛媛県廃墟朝日楼

廊下部分は天井や壁から所々破損していた。

愛媛県廃墟朝日楼

奥の部屋。こちらの窓は障子になっている。

愛媛県廃墟朝日楼

階段。何とも薄暗い。

愛媛県廃墟朝日楼

庭。縁側があり、なかなか気持ちが良い。

愛媛県廃墟朝日楼

二階。中央が吹き抜けになっていてぐるりと廊下で囲まれている。

愛媛県廃墟朝日楼

木製の欄干が何だか素敵だ。

愛媛県廃墟朝日楼

廊下沿いに部屋がある。

愛媛県廃墟朝日楼

二階通り沿いの部屋。格子からもれる光が美しい。

  • 2004年7月 撮影

愛媛県某市。愛媛きっての歓楽街の中心部に位置する廃遊郭。
このあたりのスナックとか民家とかは今でもそういう店だったりすることもある。ちょっと凄いので入らないことをお勧めするが。
遊郭特有の造りが当時を偲ばせる。当時はこのあたり一体がそうだったのであろう。純和風建築の艶かしい物件だった。

愛媛県廃墟朝日楼

玄関付近。土間になっている。

愛媛県廃墟朝日楼

古びた暖簾が掛かっていた。

愛媛県廃墟朝日楼

離れ。厨房部分。

愛媛県廃墟朝日楼

一階の部屋と部屋は襖で間仕切られている。

愛媛県廃墟ホテルC

ベッドも布団は無いけれど綺麗。セミダブルサイズのようだ。

愛媛県廃墟ホテルC

在室中の立て看板。何だかもの寂しい。

愛媛県廃墟ホテルC

宿泊6000円。まずまずといったところか。

愛媛県廃墟ホテルC

さて。そろそろ暗くなる。とりあえず今日の宿を探すことにしよう。ここはやっぱりまずいだろう・・・。

愛媛県廃墟ホテルC

時代を感じる客室パネルである。AよりBのほうがランクが高いようだ。

愛媛県廃墟ホテルC

この機械が何なのかよくわからなかったが何らかの圧力容器であることは確かである。

愛媛県廃墟ホテルC

中は意外と広くて所謂1ルーム1ガレージの造りになっている。

愛媛県廃墟ホテルC

おお。凄く綺麗な部屋である。泊まりたい。

愛媛県廃墟ホテルC

浴室も全然いける。今日本当にここで泊まっちゃおうかな・・・。

  • 2005年4月 撮影

愛媛県某市。所謂ラブホとかモーテルとかの類。
廃業前か後か不明であるが、一部火事で焼損している。 田舎にはこういうラブホ多い。こういうのを純粋にモーテルというのだろう。
中は結構綺麗。この日宿が決まってなかったので真剣にここで泊まろうか悩んだのは記憶に新しい。

愛媛県廃墟ホテルC

正面玄関。廃モーテルである。

愛媛県廃墟ホテルC

正面玄関入ってすぐ右側は火災で消失。

愛媛県廃墟ホテルC

もうほとんど炭になっていて酷い有様である。

愛媛県廃墟ホテルC

一体何があったのだろうか。

香川県廃墟ホテルJ

ロビーの全景。とても広い。

香川県廃墟ホテルJ

玄関スペース。割と人通りが多かったりする。

香川県廃墟ホテルJ

玄関の横にはゲームコーナーがあった。ほとんど撤去されていたが。

香川県廃墟ホテルJ

厨房。ここは厨房が二つあった。
カメラの物理的事情で写真はここまでになる。客室の写真は残念ながら無い。

香川県廃墟ホテルJ

宴会場。相当広い。何畳位あるのだろうか。一階に有るのに相当な雨漏り。畳は黴でもう駄目になっていた。

香川県廃墟ホテルJ

フロント。カウンターの下には土産物でも置いていたのだろうか。

香川県廃墟ホテルJ

喫茶スペース。日当たり良好である。

香川県廃墟ホテルJ

この下が正面玄関部分になる。

  • 2005年4月 撮影

香川県某市。と言いながら地元の人なら誰でも知っている屋島の廃墟。
結構でかい。けれど単調なのはホテル物件の悲しいところである。廃業後、そう年月は経ていない。
一見頑強な造りのように見えてかつ三階建てにも関わらず何故か1Fの宴会場に雨漏りしていた。まさか姉歯??

香川県廃墟ホテルJ

このホテルは山上にあり、遊歩道を歩いていると突然辿り着く。

香川県廃墟ホテルJ

結構大きい。コの字型の造りである。

香川県廃墟ホテルJ

コノ字型の一片は増築のような感じだった。非常階段が美しい。

香川県廃墟ホテルJ

お。ここから入れそうだ。