廃墟探検/風景/B級観光の記録写真集

2007年04月

« 2007年03月 | メイン | 2007年05月 »

2007年04月 アーカイブ

  • 2005年10月 撮影

岡山県某市。
電化製品の製作工場。間口は狭いのであるが奥行きのあり結構広かった。
大人の事情で内部公開はやめておく。ちょっとここでは色々あった。

岡山県廃墟F電機概観

概観。正面部分。

岡山県廃墟F電機

間口はこんな感じである。

岡山県廃墟F電機倉庫

横手。倉庫になっているようである。

岡山県廃墟F電機冷却器

恐らく冷却器と思われるものが大量に棄てられていた。

岡山県廃墟F電機看板

うーん。名前がわかってしまうな・・・。まあ良いか。

岡山県廃墟F電機横手階段

横手にまわり少し探索した。ここに関してはこれまでにしておく。

廃墟 和歌山県かつらぎ町

どことなく不気味な感じである。

廃墟 かつらぎ町

壁はところどころ黒ずんでいる。

廃墟 かつらぎ町二階

二階へ。もう完全にコンクリ打ちっぱなし。

廃墟 かつらぎ町大部屋

比較的綺麗な大部屋。落書きがあった。焼身自殺はこの隣らしい。

廃墟 かつらぎ町屋上

屋上より階段部分を望む。
小さいながらも不気味な廃墟だった。それにこの荒み様。大通りに面しているにも関わらず完全にウェルカム状態であった。

  • 2005年5月 撮影

和歌山県はかつらぎ町に位置する謎のビル。付近を走行中偶然発見したものである。どうも火事で全焼したようで、当時の面影を感じるものは何も無かった。詳細は不明である。
落書きが多く、荒れ放題。少し離れて見ると何だか不気味な建物である。すこぶる頑丈そうな建物で床が抜け落ちたりする危険性は皆無。
二階(階段上がってすぐの部屋)で焼身自殺があって、火災したそうです。
他にも色々ワケありなビルみたいです。

廃墟 和歌山県かつらぎ町

建物全景。そう大きくは無いが、荒れ果てた様子がわかる。

廃墟 かつらぎ町正面玄関

草木が生い茂る。

廃墟 かつらぎ町正面玄関

正面玄関扉。ガラスはほとんど無い。

廃墟 かつらぎ町正面玄関

床は完全に落ちている。

岡山県廃墟S窯業機材類

すっかり機材類が散乱している。。

岡山県廃墟S窯業配電盤

内部の配電盤。扉は半分開いていた。

岡山県廃墟S窯業

砂山になっている。コレが材料である。
この廃工場についてはこれまで。敷地の広い見ごたえのある廃墟だった。

岡山県廃墟S窯業配電盤

配電盤。モーターやらなんやらでゴチャゴチャ。

岡山県廃墟S窯業

白土を材料としていたようで、その影響か工場全体白い埃を被って霞んでいる。

岡山県廃墟S窯業工業用のスポットエアコン

工業用のスポットエアコン。ご覧の通り二階もあるのだが、梯子が壊れていて上れない。

岡山県廃墟S窯業機械

この機械、砕石工場とかでよく見るのだけれど名前が不明。

岡山県廃墟S窯業工場機械

なかなかデカイ。大きい工場機械が好きだ。

岡山県廃墟S窯業南側

南側。材料であろう土がこんもり盛られていた。凄い量だ。

岡山県廃墟S窯業

鉄の器具。一体何に使ったのだろう。一メートル位あった。

岡山県廃墟S窯業工場の横手

工場の横手はずっとこんな感じで続いている。

岡山県廃墟S窯業

南側。ここが一番裏手になる

岡山県廃墟S窯業配管

配管がボロボロになって垂れ下がっていた。

岡山県廃墟S窯業東側

東側より。スロープを下るとここに出る。

岡山県廃墟S窯業北側

北側。このあたりが一番損傷が激しいようだ。

岡山県廃墟S窯業事務所

この規模の工場の割には物凄く狭い事務所。おそらく二階の部分にもあるのだろう。

岡山県廃墟S窯業

籠が沢山並んでいた。一応籠で柵を作っているみたい。

岡山県廃墟S窯業

鉄の桶。澱んだ水が溜まっていた。